【倒れざる者~近畿大学創設者 世耕弘一伝・第2部】(7)「電報為替にてお願いできれば…」書簡が物語る …

投稿者: | 2019年2月 19日 17時25分

和歌山県東牟婁(ひがしむろ)郡の実家の近くには郵便為替を扱う郵便局がなく、送金手続きに奈良県五條市まで兄たちが130キロの道のりを歩いたといわれる。

source https://www.google.com/url?rct=j&sa=t&url=https://www.sankei.com/life/news/190219/lif1902190004-n1.html&ct=ga&cd=CAIyGmVlMjEzOGFmN2EyZWEzMjM6Y29tOmphOlVT&usg=AFQjCNG7xcRJFzrJFnkhaUdPoT0Q34hLbg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください