ファンドラップ運用を高度化・竹崎氏(投信観測所)

投稿者: | 2019年8月 27日 17時58分

為替ヘッジ型のファンドを入れたのは、為替リスクを抑えながら、海外の株式・債券・REIT(不動産投資信託)の相対的に高いリターンを獲得するのが狙いだ。

source https://www.google.com/url?rct=j&sa=t&url=https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48846580S9A820C1000000/&ct=ga&cd=CAIyGmVlMjEzOGFmN2EyZWEzMjM6Y29tOmphOlVT&usg=AFQjCNEVokBeeRWFzYJpDN8GNcwXEaR1xA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください